生理前や生理中に肌が荒れやすい人の特徴と気をつけるべきポイント

生理中も肌快調!

生理前や生理中に肌荒れがおきてしまうのはホルモンバランスが崩れるせいです。

 

生理前に卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンが分泌、排卵時にピークになります。
エストロゲンはお肌にハリを与えコラーゲンを生成してくれるホルモンで排卵後には減少していってしまいます。

 

そして、プロゲステロンという黄体ホルモンが増え、エストロゲンとプロゲステロンが急激に入れ替わることによって肌荒れがおきてしまいます。
なので、このホルモンと上手に付き合うことで肌荒れを防ぐことができます。

 


PMSと言われています。

ホルモンの入れ替わり時期(排卵後から生理前)にはお肌はべたつくことが多く、お肌の状態も不安定になりやすく、ベタついたお肌には雑菌もつきやすくニキビなどができやすいので、殺菌作用のある洗顔料や化粧水を使用してお肌を清潔に保ちます。

 

次に生理中は両方のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が減少している状態になります。
すると、お肌は乾燥しやすくなってしまいます。
なので保湿力の高い化粧水や保湿クリームなどを使用してお肌をケアしてあげると肌荒れを防ぐことができます。

 

また最近ではこの生理前や整理中の独特の症状をPMS(Premenstrual Syndrome)と言われており、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。
生理が始まる約2週間に起こるのが特徴で、肌だけでなく心と身体の様々な不調が引き起こされる症状です。

 

また、この症状の特徴として生理が始まると自然に消えたり軽くなるのが特徴のようで、最近ではPMSサプリメントも販売されています。

大豆イソフラボンがおすすめ

食生活も大切で、なるべく野菜中心で女性ホルモンの元になる大豆製品を中心に普段から摂取するように心がけると、お肌もハリがでて、ホルモンバランスも安定するようになります。

 

とくに、納豆や豆腐などに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあることが分かっており、特に納豆は1日2パック食べると良いと言われています。

 

ただし、納豆だけ食べればよいと言うわけでなく、やはりバランスの良い食生活を送り、ストレスを上手に発散してしっかり睡眠をとることが大切でしょう。